たるみ治療の基礎知識

施術内容

美容皮膚科の顔のたるみの施術内容は、選択したメニューによって異なります。

例えば、目の下のような皮膚の厚みがない部分に対しては、注射器を用いて
ヒアルロン酸を注入する施術がよく行われます。

高い保水力を持つヒアルロン酸を注入することで、肌の張りを取り戻す効果があります。
注射器を用いる方法にはこの他にも、薬剤にボツリヌス菌から生成したボトックスを用いる方法もあり、
比較的手軽に顔のたるみが治療できるとして、多くの女性が利用しています。

非常に高い

一方、外科手術においてはフェイスリフトが代表的な手法です。
これは、こめかみ周辺の髪の生え際や、耳の前後などを切開して皮膚や筋肉組織を引き上げて
固定する方法で、顔面の神経が麻痺するリスクを伴うものの、1回施術を受ければ
長期間にわたって効果が持続するのが大きなメリットです。

癒しの効果

また、レーザー照射によって顔のたるみを
取る治療もよく行われています。

これは、レーザー照射によって損傷した皮膚の修復過程で生成されるコラーゲンの働きを利用して
たるみを取るというもので、肌に直接傷をつけること無く顔のたるみを解消できるのが利点です。

 

[ --- Concept --- ]

顔のたるみが気になりだした、美しさを維持したい方を応援します。
たるみを改善するための治療に関する情報を掲載しています。