たるみ治療の基礎知識

安全性

  たるみ治療に有効な治療法の一つであるサーマクールは、ヤケド症状による
皮膚の炎症の副作用が起こりやすいです。

治療後には、腫れや赤み、痛みなどが発生することがあります。
炎症がすぐにおさまれば特に問題はありませんが、長引く場合は跡が残る可能性があります。
腫れは、サーマクールの治療後に比較的起こりやすい副作用です。

他人にほとんど気づかれない程度の腫れで、2日から3日程度でおさまることが多いです。
ただし、初期の機械や出力レベルが強すぎる場合には、大きく腫れることがあります。

考慮して

赤みは、半数の人が術後すぐにでるともいわれています。
熱エネルギーを利用した治療法のため、熱を帯びやすく、
赤みがでやすくなります。

個人差はありますが、数時間程度からその日のうちに
落ち着いてくることがほとんどです。

自然な仕上がり

人によっては、水疱ができることがあります。
熱エネルギーを使用しているため、
ヤケドにより水疱ができることがあります。
ただし、肌の状態をしっかり把握していれば、水疱はある程度防ぐことができます。

 


 

 

[ --- Concept --- ]

顔のたるみが気になりだした、美しさを維持したい方を応援します。
たるみを改善するための治療に関する情報を掲載しています。